七田の7+Bilingualは本当に35日完結?子供が英語を話し出すまでの道のりは?

七田式の7+Bilingualで子供が35日で英語を話し出すって、それ本当なの?と思いますよね。
たったの35日で英語が話せるようになるなら、こんな良いことはありませんね。
イード・アワード「幼児教室部門」2年連続最優秀賞を取った「7+Bilingual」セブンプラスバイリンガルを調べてみました。


⇒七田式の7+Bilingualの詳細はコチラから

七田式の良さは私も自分の子供への英語教育で実感しています。
右脳から英語を習得していく方法ですね。

7+Bilingualの特徴

楽天4部門で1位を獲得
「教材ランキング」
「英語ランキング」
「学び・サービスランキング」
「通信講座・通学講座・教材ランキング」
の4部門で1位を取ったなんてスゴイですね。

七田眞さんの七田式は世界でも認められる教育法なんです。
日本文芸アカデミー賞W受賞しました。
「右脳刺激で『勉強ができる子』が育つ!」で特別賞
「七田式フィンランド・メソッドで『頭のよい子』が育つ」でゴールド賞を受賞!
楽天日本文芸アカデミーW受賞

現役子供英語の先生から7+Bilingualについて1言

私は現役子供英語の先生です。
子供(特に小さい赤ちゃんから)は日本語も英語も関係なく言葉を覚えます。
1語いち1訳で「犬=DOG」などと教えるのではなく、日本語は日本語、英語は英語でまとまった文章で聞かせるのが大事です。
子供は不思議なもので、なんにも分からないところから単語の意味、文法などを自然に学んでいくものです。

その点、7+Bilingualは英語のシャワーを浴びせるような内容、構成になっています。
子供が楽しんで聞きたがる35日の冒険ストーリーで楽しく英語に親しんでいるうちに、英語が口から飛び出すという教材です。

毎日、食事中とか遊んでいる間にCDをかけ流すだけでいいので、かんたんに生活に取り入れることが出来ます。
かけ流しているだけでは英語をしゃべれるようにはなりませんが、この7+Bilingualはかんたんなフレーズ700が収録されているので、かけているうちに自然に子供が話し出すそうなのです。
学校で習うような文ではなく実際にネイティブが話している日常英会話が収録されているので、興味ももちやすいのですね。

お子さんをバイリンガルにしたい親御さんは、早く英語教育を取り入れる事をオススメします。

⇒七田式の7+Bilingualの詳細はコチラから